読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユーロビートじゃ踊れない

CDラックと本棚です

伊坂幸太郎 - 死神の精度

死神の精度 (文春文庫)

死神の精度 (文春文庫)

この人はファッション的な文章で簡単に言うといけ好かない。そしてこの本も同様だったんだけれども、悔しいながらも面白かった。ただ、偶然という助け舟が多いかなって気がするけれども。そして、それが伊坂幸太郎独特の点と点と点と点と点が繋がって面積になる的な面白さなんだろうけれども。短編より長編の方ががっつり読めて好きだけど、伊坂さんの場合には飽きずに展開が速くて読める。