読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユーロビートじゃ踊れない

CDラックと本棚です

光原百合 - 十八の夏

十八の夏 (双葉文庫)

十八の夏 (双葉文庫)

十八の夏なんて胸キュン必至のタイトルで期待したけど、個人的にはかなり消化不良。文体の相性もよくないみたいで、短編1話で挫折。
(追記・変更)
☆☆⇒☆☆☆へ変更。読んでみたら他のは結構面白かった。特に短編の中の『ささやかな奇跡』は☆☆☆☆くらい良かった!『イノセントワールド』も良かった。作品によってかなり色が違うみたい。やっぱり買ったからには全部読まないともったいないもったいない。